福岡県飯塚市/医療法人 康和会 アイ歯科 インプラント

 インプラントシステム

カルシテックインプラント

カルシテックインプラントはアメリカのカルシテック社が製造している、HAコーティングのインプラントです。
HAとは「ハイドロキシアパタイト」の略で、HAは骨の無機質の大部分を占めるものです。インプラントの表面をHAでコーティングすることによって、インプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」を促進しようというのが、HAコーティングの狙いです。

ストローマン インプラント(ITIインプラント)

ITIインプラントはスイスのストローマン社で製造している1回法の代表的なインプラントで、1974年から臨床応用されています。最近では、ストローマンインプラントと呼ばれています。
ITIインプラントの大きな特徴は、フィクスチャー表面の「SLA」(Sand-blasted Large-grit Acid-etched)という性状にあります。
これはストローマン社が独自に開発したもので、フィクスチャー表面にマクロラフネスとマイクロラフネスを与え、骨とも結合「オッセオインテグレーション」を促進するというものです。
これにより、インプラント体と骨との早期の結合が期待でき、早ければフィクスチャー埋入後約6週間という短期間で上部構造を装着することが出来ます。

アストラティック インプラント

アストラテックインプラントは、成功するインプラントシステムを設計するために生物学と力学の両方を相互に作用させることの必要性を考え、開発において早くから全体論的アプローチを行ってきました。生物学また生体力学的アプローチに独特な基礎を築き、アストラテック・バイオマネージメントコンプレックスTMと呼んでおります相互作用を特徴としております

AQB インプラント

AQBインプラントは、純チタンに再結晶化させたハイドロキシアパタイトを薄膜コーティングした骨癒合型の人工歯根です。シンプルな形状、シンプルな術式が特徴の安全性・安定性・有効性に優れたシリンダータイプの人工歯根です。

インプラントシステム(AQB)

インプラントシステム(AQB)完全滅菌されたパッケージ入り