福岡県飯塚市/医療法人 康和会 アイ歯科 インプラント

 インプラントとは

インプラントとは、失った歯のかわりに新しい人工の歯を作る治療法です。
人工の歯根を、歯を支える骨と結合させ、そこに人工の歯(歯冠)を取り付けます。
歯科用インプラントは、「失った歯の根の代わりをする小さな人工歯根(土台)」のことです。この人工歯根を顎の骨に埋入し、その上の上部構造として人工の歯をしっかり固定する方法です。
歯を1本失った人から全部失った人まで使用でき、自然な外観と機能の回復が図られ、健康な歯を犠牲にする必要もなく、十分なケアをすれば長期間機能を維持することが可能です。

素材と構造について

インプラントは、「上部構造」「アバットメント」「インプラント体」の大きく3つの部位からできています。

上部構造(人工の歯)
当院では、主に「オールセラミック」「ハイブリッドセラミック」「メタルボンド」の3種類を使っています。
お一人おひとりの状態やご希望に合わせてご一緒に選択し、最適な人工の歯を作ります。
アバットメント
複数の部品を組み合わせることによって、大きな力がかかってもインプラントと骨との結合を維持する仕組みになっています。
インプラント体(人工歯根)
骨の大きさや形態に合わせて形や大きさを選択します。

インプラント治療を行うとこうなります。

歯を一本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は,健全な両隣の歯を削ってブリッジをかぶせていました。
残念な事に削ることで将来の虫歯の原因をつくってしまいます。
インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。
歯を何本か失った場合
従来は入れ歯を用いて治療を行っていました。
金属のバネがかけた歯をいためるし見た目もよくありません。
インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
歯をすべて失った場合
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて固定の歯を入れる方法(治療A)と入れ歯の支えとしてインプラントを使う方法(治療B)があります。どちらの方法でもしっかり噛めるようになります。

インプラント治療におけるCT画像の重要性

インプラント治療を適切に行うためには、あご骨の状態を詳しく調べることが重要です。なぜなら、あご骨とその周囲には顔の知覚をつかさどる神経や血管、鼻腔、副鼻腔があり大変複雑な構造をしています。
また、骨の量や質はインプラント植立には重要な要素ですが、それらは患者様によってかなりばらつきがあり、それらについても確実に把握しておく必要があります。
そこで当院ではCTを撮って、その画像を見ながら治療の計画をたてます。
より安全で、無理のない治療を受けることができる最新技術です。

歯を支える骨の状態に応じたインプラントの本数、長さの設計が必要です。

インプラント(人工歯根)はまさにビル建設における「杭」と同じです。
強い衝撃にもびくともしないように、歯を支える固い骨の中に深く挿入することが必要です。
そしてその強度が十分でない時は「骨再生」を行い「地盤」を強固にします。
また長い間、連続した強度を保つために十分な本数が必要です。

レントゲン図